• ホーム
  • 心臓病は肥満禁止!体重グラフをつけて管理を

心臓病は肥満禁止!体重グラフをつけて管理を

心臓病の食事についてですが、まずは肥満を防ぎましょう。
適正体重を維持していくことが大事です。
心臓病は心臓そのものに、何かしらの器質的障害があるケースもあります。
いずれにせよ心臓病の症状の食事法では、ある程度の制限は必要であり、薄味にする調理方法を心がけます。
調味料は精製されたものは出来るだけ避けて、自然の素材を使用することです。
鰹節の出しとか、昆布などもいいでしょう。
タンパク質については、植物性食品からの摂取を心がけましょう。
豆製品や大豆類、小魚なども良いです。
避けるべき食材として、嗜好品や白砂糖は避けましょう。
お菓子だけではなく、甘いジュース類もです。
肥満はあらゆる病気の元にもなりやすいですから、標準体重に戻すことを心がけることです。
その励みとなるのが、体重のグラフです。
冷蔵庫や部屋の壁などに、体重のグラフの表を書いて貼っておくと、ダイエットの励みにもなります。
肥満の解消は短期的ではなく、長期的な目標でトライすることです。
短期のダイエットは一気に体重が減ったとしても、ほぼ確実にリバウンドします。
若い頃ならまだしも、中高年以降のリバウンドは、健康にも良くはありません。
体重のグラフをつけながら、無理のないダイエットでゆっくりと着実に体重を落として言ったほうが、標準体重になってからも維持がしやすくなります。
一人でのダイエットは挫折するなら、医療機関を利用してみるといいです。
医療機関によっては、肥満外来のある病院も見つけることができます。
病院は病気などの時に受診しますが、肥満も立派な病気のカテゴリーに、今の時代では入ってしまいます。
ですから医療機関の肥満外来を味方につけて、健康的に痩せることです。

関連記事
アクアチタンの効果と年齢層 2020年04月24日

アクアチタンの健康ネックレスは、芸能人やアスリートが身につけているのを見たことがある人も多いでしょう。ナノレベルでチタンを水溶化した、アクアチタンを身に付けます。アクアチタンは心と体をリラックスした状態へと導いてくれて、そうした効果により本来持っているパワーを引き出すというものです。年齢別に見たとき...

脳血管と胃腸炎の危険性 2020年03月07日

脳動脈になにか異常が起きて、それが引き金で起こる病気の総称が脳血管です。ですから脳血管には、さまざまな種類があります。脳血管でよく知られているのが、脳卒中でしょう。脳卒中のときには、突然いくつかの症状が起きます。片方だけの手足がしびれたり、片方の手足だけに力が入らないこともあります。今まで体験したこ...

体調不良を感じる前に人間ドック 2019年12月21日

医療の歴史を遡ってみると、その歴史の多くは体調不良やけがなどの様に既に発生した不調や問題等に対応することを目的とした試みの歴史であるということがわかります。つまり医療とは傷病者に対して対応するための知識や技術であったと言えるでしょう。しかし医療が高度に発達した現代においては、いまだ発生していない様々...

医療の健康チェックのランキングは年齢によって異なる 2019年11月20日

医療に関する健康チェックのランキングは年齢によって異なります。10代や20代など比較的若い年代の人たちは健康チェックに関してそれほど神経質になる必要はありませんが、30代以上になるとそれぞれの病気に関してかかりやすくなってしまうものが出てきてしまいます。そうした病気に関して年代別でランキングの上位を...

医療費控除の対象にならないもの 2019年08月30日

高額な治療費を支払った場合、いくらかでも戻ってくる医療費控除は嬉しいです。しかし医療費控除は、治療にかかったものなら何でも対象になるわけではありません。まずが対象になるものは、1年間に10万円を超えた総治療費、病院に通うために利用した公共の交通機関の運賃、医師の処方箋により購入したセレコックスやバル...